ブラッドエンジェル

「ブラッドエンジェル」戦団以上に、気高さと自己犠牲の精神を体現している者たちはあるまい。

彼らは幾度となく最前線で攻撃を主導し、あらゆるスペースマーリンの規範たる資質を証明してきた。

迅速に確実に聖務を遂行する彼らは、まさしく皇帝陛下の刃というべき存在であり、一片の躊躇もなく敵を粉砕する。

しかしそういった気高い行いとは裏腹に、彼らは遺伝種子の致命的な<傷>に苦しみ続けているのだ。

 


メフィストン・ロード・オブ・デス




ストームレイヴン強襲揚陸艇


この機体は、ドロプシップ、装甲輸送、ストライククラフトの役割を兼ね備えた装甲汎用機だ。



フュリオッソ・ドレッドノート


恐ろしい武器を埋め込まれたパイロットである「フュリオッソ・ドレッドノート」は、死の化身であり、そびえ立つ戦争機械である。

何千年もの戦いで多くの傷跡を持つ者は生きた遺跡として崇められている。



タクティカル・スカッド




ターミネーター・アサルトスカッド


最も重要な任務を引き受ける彼らは、強大な敵将を打ち負かし、超重戦車や立ちふさがるモンスターを追い詰め、敵を下す。

【売り切れ・取寄せ可能】¥6,600(税込)

この商品のお問い合わせ・購入はこちら



サングィナリー・ガード


「ブラッドエンジェル」においてエリートである「サングィナリー・ガード」は、手首に取り付けられた銃と両手で振り回せる剣で戦う。



デス・カンパニー


「デスカンパニー」の戦士にとって、戦いで死ぬことは大きな悲劇ではあるが、戦争の祭壇に捧げられることを大きな名誉としている。



アストラス・ザ・グリム

「アストラス・ザ・グリム」は死の天使であり、死と贖いの2つの贈りものを運んでくる。

彼に立ち向かうことは、彼の背後にいる「デスカンパニー」軍の手によって、避けられない運命に直面することだ。