オフィシオ・アサシノルム

ヴィンディケア・アサシン

[5011921987924]

何よりも精度を重んじる「ヴィンディケア・アサシン」の射撃は、芸術の域に達する。

彼らは一見不可能な角度からの射撃の弾道を即座に計算し、強力な力場さえも貫通させ、弾丸が獲物を見つける前に次のターゲットへと移動するのだ。



エヴァーソール・アサシン

[5011921066483]

多くのアサシンは精密に密かに行動し、陰に潜み、敵に見つからず、その時が来たら姿を現す。

しかし「エヴァーソール・アサシン」はそうではない。

彼らは炎上する怒りがターゲットを排除する方法であると信じており、無実の傍観者を巻き込む被害を無視している。

焼けるような激怒を維持し続けている彼らは、大量の鎮静剤により抑制されている。

行動する時が来たら昏睡状態から覚醒し解き放たれるのだ。

彼らの凶暴な使命が止められるのは、彼らの死だけである。



カレクサス・アサシン

[5011921066469]

世界を絶えず移動する魂の無い反サイカーである「カレクサス・アサシン」。

彼らの秘術と比類なき力による血のシャワーにより、敵を完全に消滅させることができる。


シスター・オヴ・サイレンス

「シスター・オヴ・サイレンス」は並外れて有能な魔狩人であり、はぐれ異能者や邪悪なサイカーを探し出し、無慈悲に屠る。

シスターたち一人一人は、恐怖と忌避、反発と拒絶を喚起する虚無のオーラに身を包む熟練の兵士である。

彼女らは一言も言葉を発さぬという厳粛な誓いを守る代わりに、<皇帝陛下>の御陵を蝕む者たちへ、炎と死をもたらす刃を掲げ、自らの存在意義を全うするのだ。

 


シスター・オヴ・サイレンス

[5011921080779]



アデプトゥス・カストーデス

<帝国>の黎明期より<皇帝>の征戦に従事してきた「アデプトゥス・カストーデス」。

<帝殿>インペリアル・パレスの奥深くで、忠誠心厚き彼らは銀河の征戦の準備をしている。

彼らは黄金の鎧に身を固め<渾沌>の汚れを知らぬ半神の如き超人にして、<皇帝陛下>の御旨を粛々と断行する戦士たちだ。

いかなる慢心や傲慢とも無縁の彼らは、<帝国>に並びがたき最精鋭にして最強の兵士団だ。

 


ヴァレリアン & アレヤ

[5011921129775]

2020年のブラックライブラリー限定モデルが登場!

物語に登場する「ヴァレリアン」と「アレヤ」がミニチュアとして発売だ。ゲームでも使用可能だ。




キャプテン-ジェネラル トラーヤン・ヴァロリス

[5011921094219]

<帝国>広しといえども、「トラーヤン・ヴァロリス」ほど強大な力を振るう戦士は皆無に等しい。

アデプトゥス・カストーデスのキャプテン・ジェネラルとして、太陽系全体の防御すなわち<皇帝>の玉体の護り手という責を負う。

緻密な戦術家にして戦略家でもある彼は、これまで<皇帝>とともに数々の脅威を討ち滅ぼし、人類の版図を征服してきた。

究極のパワーアーマーと称されるカステラン・プレートを身にまとい、ウォッチャー・アクスを振るっていかなる重装甲をもやすやすと斬り捨てる。




ヴェルトゥス・プラエトール

[5011921094233] 


「ヴェルトゥス・プラエトール」は、シールドカンパニーの中でも特に優れた歴戦の勇士たちで構成されている。

強大なるドーンイーグル・ジェットバイクで戦場を疾駆する姿は、<大征戦>の時代をありありと甦らせるだろう。

彼らは上空から敵の中枢めがけ、苛烈なる攻撃を叩き込む。

 

このキットにはドーンイーグル・ジェットバイクに搭乗した「ヴェルトゥス・プラエトール」が3体セットされている。

強力なインターセプター・ランスを装備。

ジェットバイクに搭載されたハリケーンボルター・アレイはサルボ・ミサイルランチャーにアップグレード可能。



アラールス・カストーディアン

[5011921094202]


「アラールス・カストーディアン」は、アデプトゥス・カストーデスの中で最も攻撃的な戦士と呼ぶことができる。

彼らはその憤怒を、敵を撃滅する武器として振るうのだが、決してその激情に埋没して暴れまわる愚を犯すことはない。

彼らが身にまとうアラールス・ターミネイターアーマーは、スペースマリーンの古参が着装するそれよりもはるかに進歩した装備であり、強襲作戦時の彼らを阻むことは、ほぼ不可能だ。

 

このキットには「アラールス・カストーデス」が3体セットされている。

バリスタス・グレネードランチャー、ガーディアン・スピア、カステラン・アックスとシールドキャプテン、ヴェクシルス・プラエトール用のパーツ付属。

【店頭在庫無し】



カストーディアン・ワーデン

[5011921094226]


<皇帝>の護衛にして不寝番、「カストーディアン・ワーデン」。

彼らは<皇帝>とその周囲を警護するのみならず、<地球>最深部に存在する迷宮に封印した脅威から一切を守護する責務も負うという。

「アラールス・カストーディアン」が血気盛んな闘士ならば、彼らは謹厳にして禁欲的な監視者にして防人(さきもり)だと言えよう。戦況を冷静に分析し、高度な戦略・戦術に基づいて敵を無力化するのが彼らの用兵だ。

 

このキットに付属する5体にはいずれもガーディアン・スピア、カステラン・アックスの武器が選択可能。

シールドキャプテン、ヴェクシルス・プラエトール組み立て用のパーツも付属。



カストーディアン・ガード・スカッド

[5011921080762]



ダークエンジェル

<帝国>の黎明期において、「ダークエンジェル」はあらゆる戦闘者の中で最初の創立されし兵団であった。

人類の長き歴史の中でも、彼らほど人類に多くの貢献を成し遂げてきたものはほとんどあるまい。

しかし、そうした堅実なる気質の裏には、不吉なる強迫観念がちらついている。

「ダークエンジェル」は遠い過去に犯した過ちによって、今も脅かされているのだ。

ホルスの大逆の時代、兵団の拠点惑星「キャリバン」の守護にあたっていた同胞たちが渾沌によって堕落した。

壮絶な戦いの末、惑星は崩壊。渾沌に落ちた同胞らは<歪みの嵐>に飲み込まれ、銀河各地へと散らばった。

それより一万年の長きにわたり、残った「ダークエンジェル」たちは<堕ちし天使>を狩ることによってかつての罪を償おうとしているのだ。

 


マスター・ラザラス

[5011921126392]

「マスター・ラザラス」は素晴らしい戦士であり、優れた戦闘技術で敵の刃を無力化する。

彼は常にクールな態度で知られているが、敵の魔術師と戦う時だけその落ち着きが失われる。

 

このキットには「マスター・ラザラス」が1体が収録されており、2種類の頭部(ヘツメット有・無)の組み立て選択ができる。

(ヘルメット有の場合は、名前の無いプライマリス・キャプテンとして組み立てられる)

スピリットシールドヘルムを携帯する代わりに、ボルトライフルとパワーソードまたはパワーフィストの選択も可能。




デスウィング・コマンド・スカッド

[5011921031627]




レイヴンウィング・コマンド・スカッド

[5011921094257]




ダークエンジェル:プライマリス・アップグレード

[5011921094943]

ダークエンジェル・プラマリスと組み合わせて新たに生まれ変わらせる!

頭部3種計3個、書物1個、テイルプレート1個、肩当て2種計6個、アグレッサー用肩当て2種計3個、パウチおよび聖遺物4種4個、新規造形の腕2個、パワーソードの合計21パーツ付属。



デスウォッチ

<帝国>で望みうる最高の装備と技術を帯びた<死の監視者>たる「デスウォッチ」は、<帝国>の各地で拡大を続ける異種族たちの脅威から人類を守る盾として戦い続けている。

「スペースマリーン」戦団の垣根を越えて集められた彼らに最高の武器や装備が与えられているのは、立ち向かうべき異種族たちの数が「デスウォッチ」の何億倍にものぼるからだ。

彼ら黒き装甲服の戦士たちに討てぬ異種族は無く、また彼らが誓いを果たすために討つべき異種族に事欠くことはない。

休むことなき番人である彼らは、利用可能なものは人材であれ装備であれ躊躇うことなく利用する。

 


デスウォッチ:アップグレイド

[5011921074211]

「スペースマリーン」のミニチュアを「デスウォッチ」のエキスパートエイリアンエクスターミネーターにアップグレードするアイテム。

 

・デスウォッチスペースマリンショルダーパッド(左腕)×10

・デスウォッチスペースマリンターミネーターショルダーパッド(右腕)×2

・デスウォッチスペースマリンサージェントチェストプレート ×1

・デスウォッチスペースマリンサージェントヘルメット ×2

・デスウォッチスペースマリンパワーソード ×1

・デスウォッチバックパックアイコン ×1

・デスウォッチビークル/ウォーカーアイコン ×2



コルヴス・ブラックスター

[5011921074198]




デスウォッチ・キルチーム

[5011921074181]