CHAOS渾沌:ケイオス

渾沌の神々は、この世界の根源的な力であり、<定命の諸領域>のみならず現実そのものを支配しようと狙っている。

コーン、ティーンチ、ナーグル、スラーネッシュの4大渾沌神が、渾沌の領域からディーモンの前衛軍を送り込む。

選ばれし者「アーケィオン」は、渾沌に穢された定命者たちの大軍を率い、一方でネズミのような姿のスケイヴンたちは独自の邪悪な目的を追求して、諸領域に巣食う。

 

ブレイド・オブ・コーン

4大渾沌神の一人、怒りの化身・コーンを信仰する軍勢。

ブレイド・オヴ・コーンの襲来におびえぬ者などいない。

高らかに進軍のラッパが吹きならされ、恐るべき歌声が血と頭蓋を求める。

湧き上がるような劇場と飽くなき血の渇望の中、ロード・オヴ・バトル麾下のディーモンも定命の信奉者たちも、どうにも止まらない赤い潮流となって押し寄せてくる。

残忍な己と酷薄な刃が四肢を薙ぎ払い、首を斬り取る。血の雨が戦場に降り注ぐ。

ただひたすらに殺戮、憎き魔術師の輩の全滅、チャンピオンたちの頭蓋こそが全能のコーンへの捧げものとして意味があるのだ。


マゴットキン・オヴ・ナーグル

4大渾沌神の一人、腐敗の神・ナーグルを信仰する軍勢。

体内に腐敗のガスが充満してふくれ上がった、感染者たち。

体の内外が腐り始めているナーグルの手下たちは、すべての生ける者の成り果てを示唆している。

感染症に蝕まれ、どんな攻撃にも痛みを感じなくなった定命者の戦士たちと、腐った体でヨロヨロと歩くディーモンたちが共に行進する。

非常にしぶとい上に、見た目としてもインパクトがあるアーミーだ。


ディサイプル・オヴ・ティーンチ

4大渾沌神の一人、変化の権化・ティーンチを信仰する軍勢。

単一の姿を持たず、色を変える魔法の光に包まれた雲として現れるティーンチ。

変化の化身ともいうべき彼に従う配下もまた、その能力を受け継いでいる。

彼の信奉者たちは、非常に高い戦士の能力を持つとともに、ティーンチから与えられた運命を思い通りに変える魔術を行使する。


ヘドナイト・オヴ・スラーネッシュ

4大渾沌神の一人、昏き皇子スラーネッシュを信仰する軍勢。

渾沌神の中で最も若い神であるスラーネッシュは、快楽の王として知られる。

あらゆる道楽の化身である彼の魅力は非常に依存性が高く、その信奉者たちは過度の誘惑に負け、徐々に人間性を失い残酷になってゆく。

昏き皇子はその慰み者たちが堕落していく様を半眼で貪欲に見つめるのだ。


その他

  • 闇の神の奴隷「スレイヴ・トゥ・ダークネス」
  • 凶悪な鼠のような姿を持つ「スケイブン」